"

そこで!合コンなんかにいっても、お持ち帰りしたい女が実際は「ぽっちゃり…いやデブなんじゃないか!」

脱いだら、色々な意味で「私、脱いだらすごいんですっ!どすこいっ!」になりかねないんじゃないか…と

軽く、ベッドでの行為を想像した所で脳裏に土俵としこふんじゃってる姿が思い浮かんだり…。

なんて葛藤があるのではないでしょうか。

そんな、不安にかられながら慎重に相手を選んでいるあなた。そんなあなたにだからこっそり、隠れデブを

捕まえない為の極意をお教えしましょう。

それは、事前に好きな服のブランドを聞いておくことです。

「好きなブランドは〜、ローリーズファームと〜アースミュージックと〜」と、はい!この時点で大丈夫です。

多分、その子は隠れデブか服装が田舎臭い可能性があります。

結局のところ。女子が、体のラインをかくして洋服を着ていると言うことはそこにコンプレックスがあるわけで

体のラインがきれいだったり、自信がある女子はローリーズファームをメインで着たりしない!と言うことです。

中には、開けてびっくり玉手箱的なお宝女子もいると思いますが宝くじを当てるような感覚な訳です。

さらに、女子の方は今後の洋服選びはローリーズファームの服を買う割合は全体の3−4割でとどめておくようにしましょう。

その上で、体のラインが出るようなブランドの服を買って自分を戒めて生活しましょう。

「この太い足があるから、きれいに服のラインがでない!くそっ!くそっ!」と思いながら生活することで少しづつ

自分の食生活や生活自体の見直しをするようになると思います。

"
— “ぽっちゃりな女”は、ローリーズファームを着るな。 http://spice123.net/fashione
"

『聞く力』(阿川佐和子著・文春新書)より。

(阿川佐和子さんが、デーモン小暮閣下にインタビューしたときのエピソードです。「ヘヴィメタ」という音楽を「ロックの一種とは認識していたが、どんなロックかチンプンカンプンだった」という阿川さんは、思い切って、「単刀直入にデーモン閣下に直接聞いてみた」そうです)


【こうして(スタッフとの)打ち合わせ通り、私はご本人を前にして、できるだけ失礼にならないよう気をつけながら、質問してみました。
「あの、ヘヴィメタって、なんですか」
 すると、驚きましたよ。デーモン閣下は親切! しかも説明がお上手! 私のようなロックシロウト相手に、それはわかりやすく教えてくださったのです。
「ハハハ。ロックというのは、わかりますね?」
 最初に私に優しく断りを入れてから、こんなふうに話してくださいました。
「ロックがいろいろな枝葉に分かれていく中で、速さと激しさを追求したものをハードロックというんですね。♪ガンガンガンガン、ガガーンガンガーンガーン、タターンターンタ、バーンバーンバーンっていう感じ」
「ほうほう」
「じゃ、速くて激しければ全部ハードロックなのかというと、そうではなくて。そこからまた枝葉が分かれていって。速くて激しいけれど、ドラマティックであったり、仰々しい決めごとを取り入れる。たとえばクラシック音楽のワンフレーズを持ってきて、あるポイントに来たら全員がちゃんと、♪ダダダダーンみたいにベートーヴェンの『運命』のメロディをぴったり合わせる。そういうのを様式美というんですけどね」
「はあ~」
「簡単に言うと、様式美の要素を入れないと、ヘヴィメタルとは認定されないんです。ハードロックに様式美を持ち込むと、それがヘヴィメタルになるというわけ」
「そうかあ。ヘヴィメタって知的なんだ。もっとハチャメチャな音楽かと思ってた」
「ハチャメチャなのはパンク。速くて激しいけれど、♪うまく歌ったってしょうがないじゃーん。上手に歌うことになんの意味があるんだ~。ってのがパンク。だけど、ヘヴィメタルは上手じゃないと駄目なの」
 これは開眼でした。ロックにそういう区分けがされていたとは初耳です。確かにその前夜、「聖飢魔II」のCDを聴いて、驚いたのです。閣下は歌がうまかった。その上手な歌を聴いているうちに、もう一つ、疑問に思ったことがありました。まるで優秀な家庭教師のように教え方が上手な閣下の優しさに付け込んで、私はさらに質問します。
「CDを聴いていて思ったんですが、こうしてお話ししているデーモン閣下はものすごく低温のダミ声なのに、歌を歌っているときの閣下の声は、ボーイソプラノのように高くないですか? どうしてなの?」
 すると、この質問にも明快な答えが返ってきたのです。
「それはね、理由があるんです。あれだけの轟音で演奏している中で、低い声で歌うとぜんぜん聞こえないんですよ。高くないと声が通らないから、だからヘヴィメタのボーカルはみんな、必然的に高い声で歌うようになったんです」
 いかがですか。聞いてみるものですよねえ。こんな基本的な質問をしたら怒られるかと思って遠慮してしまった過去の数々のインタビューが、悔やまれるばかり。もちろん。お相手を選んで、「話してくれそうかなあ」と判断する必要はありますが、それにしても、「みんなが知っているふりして、実はあんまり知られていないこと」というものは、世の中にたくさん溢れているのです。そして、その根源的な質問をしてみると、ご本人が思いの外、喜んで解説してくださるケースはあるものです。】

"

早くみたいね。

http://www.foxmovies.jp/gbh/

vogue:

Before Cara Delevingne entered the picture, the most famous pair of brows in the world belonged to Audrey Hepburn. And never were they showcased better than at the 1954 Oscars.

See the 10 best Oscars beauty looks of all time on Vogue.com.

A.F. Vandevorst || FW14

tabunamanga:

続き物のつもりで描いてなかったのですが、続いてしまいました
tabunamanga:

続き物のつもりで描いてなかったのですが、続いてしまいました
tabunamanga:

続き物のつもりで描いてなかったのですが、続いてしまいました

tabunamanga:

続き物のつもりで描いてなかったのですが、続いてしまいました

Yuzuru Hanyu (羽生 結弦) reaction to winning Golden medal at Olympics 2014.

too cute  to be real  (ノ◕ヮ◕)ノ*:・゚✧

(出典: accidentalmarshmellow)